錦織圭、今季絶望でも…

関係者が危惧していたことが現実に――。2年前にモデルの観月あこ(25)との交際が発覚して以降、成績が低迷していたテニスの錦織圭(27)。その背景事情については本誌(「週刊新潮」)8月17・24日号で詳しくお伝えしたが、奇しくもその記事が人々の目に触れることになった5日後、悲劇は起こった。8月14日、出場予定だったウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)の会場で練習中に右手首の腱を断裂するケガを負い、今季の残り全試合を欠場することになったのだ。

7月31日から8月6日までアメリカ、ワシントンD.C.で行われたシティ・オープンに出場した錦織。練習会場、夜の街、人気寿司店……。どこにいる時も彼の側には観月がいた。本誌8月17・24日号ではその様子を写真つきで報じ、初めてメディアの取材に応じた観月本人の一問一答もご紹介した。

 準決勝で敗退した錦織はすぐさまカナダに移動し、ロジャーズ・カップに出場。初戦で敗北を喫し、今度はアメリカのシンシナティに移動するという慌ただしいことこの上ないスケジュールの中、ケガという悲劇に見舞われてしまったのだ。

「カナダのロジャーズ・カップの時も観月は錦織に帯同。その後、一緒にシンシナティに移動したようです。ケガを負った後は、フロリダの自宅に戻って療養していると聞いています」

 と、さるスポーツライターは語る。

「今季絶望ということになり、シーズン終了後には錦織の世界ランキングは23位~25位まで後退する見通しです。今のところ手術の必要はなさそうですが、来年1月からの新シーズンに間に合うかどうかは分からず、まさに崖っぷち。年齢も27歳と決して若くないので、復帰できたとしても再びトップ10に入るのは至難の業だと思います」
.

“妊娠”を怖れる

 本誌の取材に対し、観月の母親はこう訴えていた。

「錦織さんと娘の2人は真剣なんですよ。ツアーファイナルに向けて1年間、あの子たちで綿密に計画を立ててやっているんです」

 しかし、ケガによって全ての計画は白紙に。また、

「一緒に(いたい)。彼のテニスがベストであれば」

 とは、観月本人の弁。しかし、“ベスト”どころか、テニスが出来ない状況に追い込まれてしまったわけだ。

「錦織本人に自覚はないのかもしれませんが、観月の存在が彼の負担になっていることは間違いない。観月は英語が出来ないので、海外では誰かが側に付いていないとダメ。これまでは錦織のスポンサーのユニクロの関係者や彼のマネジメントを行っているIMGなどが彼女のアテンドをしたりしていたのですが……」

 と、先のスポーツライターは話す。

「今では足手まといでしかない彼女に対し、周囲の皆が“いい加減にしてくれ”と思っている。そうなると彼女を守るのは錦織本人しかいないということになり、結果として、試合に集中できない要素が増えてしまったわけです」

 当然、周囲としては2人を別れさせたくて仕方がない。しかし、

「錦織本人が周囲の声を聞き入れる様子はない。それどころか、反対の声があまりに強いことに対して意固地になって、観月と“結婚する”と言い出さないか心配ですね。また、彼女の“妊娠”を怖れる関係者も多い」(スポーツ紙記者)

 錦織を迷わす「魔性のひと」。その存在を巡り、錦織の親子関係が「断絶」の危機にあることは8月17・24日号の記事でお伝えした通り。

「成績が下がれば分かると思う。いろんなことが。失って、それで気付かなければそれまでだけん」

 錦織の父、清志氏はそう語っていた。シーズン終了後、後退した世界ランクを見て、錦織は何を思うのか。

「週刊新潮」2017年8月31日秋風月増大号 掲載

引用元URL: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00529669-shincho-moto

Leave a comment

Your email address will not be published.

*