【全仏オープン】錦織圭VS B・ペール 4回戦 2019.6.3

錦織圭(日清食品)が2日間にわたった4回戦の激戦で、B・ペール(フランス)を6-2、6-7(10-8)、6-2、6-7(10-8)、7-5で破り3度目の8強入りを果たした。
勝利を決めた瞬間は疲れ切り、大きなガッツポーズはなかったが、本当は「チョレイ!!」と張本智和(卓球)の雄たけび、そして「えびぞりガッツポーズ」をしたかったと言う。その気持ちを込めて、試合後、普通はサインをするテレビカメラのレンズに「チョレイ」と書いた。
2日、試合は19時半から始まり、21時36分、6-2、6-7(8)、6-2とセット2-1とリードしたところで日没順延。
(詳しくは:全仏オープン8強入りお預け。試合は日没順延)
3日の第二試合、12時41分、セットカウント2-1リードの第4セットから再開される。
第4セットのタイブレークでは2度のマッチポイントがあったが、決められず、ファイナル・セットでは先にサーブを落とし、1-4となる。
その後も3-5、ペールにサーブをキープされれば、終わりと言う崖っぷちに立たされたが、逆転した。
「タフな相手。ほとんど負けを覚悟したが1ポイント、1ポイント闘った。次はクレーの王者ナダル。頑張りたい。」と錦織。
準々決勝では全仏オープン自己最高の4強入りをかけて、赤土の王者、ラファエル・ナダル(スペイン)と戦う。
『以上、tennis.jpより引用』

チャンネル登録よろしくお願いします!

http://www.youtube.com/channel/UCT08uLjGEPSpHUT0gtWjMEg?sub_confirmation=1

Leave a comment

Your email address will not be published.

*